開発者でも何でもない素人によるサイト

android用SSHクライアント JuiceSSHの設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホやタブレットでSSH!!

SSHクライアントはOS問わずPC上で扱うのが一般的かと思いますが、実はスマホやタブレットでも操作できます。

携帯性抜群のスマホでSSHができれば、使い方は想像次第、より便利な自宅サーバーライフが送れるでしょう。

JuiceSSHの導入

google playにはクライアントアプリはいくつかありますが、今回はJuiceSSHを使います。

オープンソースではないものの、ダウンロード数が圧倒的でレビューも良いので、比較的安心して使えそうです。

インストールしたら、レモンを半分に切ったようなロゴをタップして起動します。

sketch-1463770368482

起動したら、「接続」をタップし、次の画面で「+」(下図)をタップしてサーバの設定をします。

sketch-1463771042401

続いて下図のように操作します。タップは最後にしてください。

アドレスは192.168.xx.xxxのようなローカルipで動作を確認しています。ホスト名も入力可能ですが、動作は不明です。

sketch-1463771347193

上の図で最後にタップすると、「new」という項目が選べるのでタップ、認証情報を入力します。

パスワード認証の場合はユーザー名を入れ、「set optional」をタップしパスワードを設定し、画面右上のチェックマークをタップすると保存されます。

鍵認証の場合は、ユーザー名を入れたうえで、プライベートキーと書かれた横の「set optional」をタップします。

すでに秘密鍵を用意している場合は、下図のとおり、「貼り付け」タブから直接秘密鍵ファイルの中身をコピペするのが手っ取り早いです。

sketch-1463772513492

鍵ペアの用意がない場合は、このアプリでも生成できます。

まず秘密鍵を作成します。下図のとおりタップして指定してください。

sketch-1463772828026

これで作成できたので、OKを押して抜けます。画面右上のチェックをタップして更に前の画面にもどり、画面右上のチェックをタップしてさらにその画面から抜けると、接続情報が保存されているのがわかります。

そこで画面を右にスライドさせ、「認証情報」画面に移ります。先ほど登録したユーザー名を長押しすると下図のように表示されるので、「公開鍵をエクスポート」をタップし、適当なアプリで開けば公開鍵の中身が出力されるはずです。

sketch-1463773755253

あとは、これをテキストファイルとして保存し、サーバに送りつけて設定すれば完了です。

SSH鍵認証についての一般的な設定はこちらで説明しているので、わからない方は参照してください。