開発者でも何でもない素人によるサイト

Raspberry Pi 2用Ubuntu Server LEMP(nginx + mariadb + php7.0)構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Raspberry Pi 2(Ubuntu 16.04)上でLEMP(nginx + mariadb + php7.0)環境をさくっと構築します。

Apacheでも良いのですが、軽量webサーバとして定評のあるnginxをインストールします。

nginxのインストール

今回は面倒くさいので手軽にパッケージをインストールします。

sudo apt install nginx

ファイアウォール(ufw)を設定している場合は忘れずに開放します。

sudo ufw allow http

最後に、http://ラズパイのIP

でブラウザからアクセスできるか確認します。

「Welcome to nginx!」と表示されればOKです。

mariadbのインストールとrootパスワード設定

こちらもパッケージインストールします。

sudo apt install mariadb-server

インストール中にrootパスワードを聞かれたら、適宜設定します。

聞かれなかったら、以下のように設定します。

#rootになる
sudo -i
#rootパスワード設定、「パスワード」のところにパスワードを入れる
mysql -u root
MariaDB [(none)]> update mysql.user set password=password('パスワード') where user='root';
#保存、出る
flush privileges;
quit

phpのインストール、動作確認

sudo apt install php7.0-fpm php7.0-mysql

もし今後Wordpressをインストールするなら、以下もインストールします。

sudo apt install php7.0-gd

インストールが完了したら、動作確認のため、以下のファイルを作成します。

sudo vi /var/www/html/index.php
 <?php
phpinfo();
?>

これだけだと、「index.php」はブラウザで表示されずにダウンロードされてしまうので、nginxの設定を少し変えます。

sudo vi /etc/nginx/sites-available/default

server {
...
# Add index.php to the list if you are using PHP
# index.phpを追加
               index index.html index.htm index.php;
...
# 以下の箇所のコメントアウトを外す
    location ~ \.php$ {
                include snippets/fastcgi-php.conf;
        #
        #       # With php7.0-cgi alone:
        #       fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
        #       # With php7.0-fpm:
                fastcgi_pass unix:/run/php/php7.0-fpm.sock;
}
...
}

ここまで設定できたら、nginxを再起動して設定を反映させます。

sudo sytemctl restart nginx

ブラウザから再度アクセスして、下のような画面が見れればOKです。

Screenshot from 2016-06-25 02-44-46